なんと!衝撃の事実が・・・??

 

それは、

 

リクナビがブラック企業の入口になっているということ。

 

その衝撃の事実を綴った記事がこちらです。↓

 

『リクナビ』がブラック企業への最大の入口に――リクルート事件の反省なし、グレーゾーンで儲ける汚れた遺伝子

政府が昨年3月より、労基法違反を繰り返した“ブラック企業”の求人掲載をハローワークで拒否する規制をかけた結果、締め出されたブラック企業たちは民間を頼らざるをえず、なかでもシェアトップの『リクナビ』が労せず儲かる構図となっている。続きを読む

引用元:MyNewsJapan

 

昔から、

 

ブラック企業は悪知恵を使って、

 

ハローワークに求人を掲載していました。

 

それは、

 

「詐欺求人」です。

 

「詐欺求人」とは、

求人票と実際の労働条件が異なるというものです。

 

そこで、

労基法違反があまりにもひどいと、

ハローワークに求人掲載できなくなる規制が、

昨年より施行されました。

 

実際は、

 

今でも非常に多いです。

 

摘発されないと規制対象にはなりにくいです。

ハローワークも全ての事象を把握しきれませんから・・・

 

そして、

 

いわゆるリクルートエージェントにも、

ブラック企業が流れ込む構図ができつつあります。

 

リクルートエージェントは企業からお金をもらって、

求人支援を行う法人であります。

 

お金さえ払ってしまえば、

ブラックだろうが零細企業だろうが受け付けてしまうわけです。

 

儲かるブラックはお金で解決してしまおうというわけですね。

 

ただ、

例の学習塾のように、

明らかにブラックだと認められれば、

掲載できなくなってしまいます。

 

そこまでひどいブラックと認定されるには、

かなりの証拠と証言が必要になります。

 

つまり、

 

リクルートエージェントが把握していないブラック企業が、

うじゃうじゃいるということです。

 

なんと恐ろしいことでしょう・・・

 

ちなみに、

リクルートエージェントによく載っていて、

私が把握しているブラック業界は、

住宅販売、不動産、生命保険業界であります。

この業界はおすすめしません。

結構多いです・・・

 

もちろん、全ての企業があてはまるわけではないですので、

きちんと調査してから応募しましょう!