ブラック企業には様々な形態がありますが、

その中でもとりわけ多いのがサービス残業です。

サービス残業は違法です。

しかし、違法であることはほとんどの企業が認知していません

まるで、交通ルールを無視したかのような感覚です。

このような違法残業は無くすべきです。

 

特に、地方では低賃金が非常に大きな問題となっており、

お金がなくて苦しんでいる方々がたくさんいます。

平等に生きる社会を確立するためにも、

一刻も早くサービス残業

残業代不払いを無くさなければなりません。

 

NPO法人労働相談センターには、

サービス残業で苦しむ様々な人たちの怒りの声が寄せられています。

 

一部抜粋し、紹介させていただきます。

 

出展:NPO法人労働相談センター

 


<広島県 男性 小売>

サービス残業を称賛する社風。

定時内に終わらせるために必死に仕事を終わらして、
定時に帰宅する私の上司からの評価は

「あいつはすぐ帰る奴。甘えてる。」

いつもダラダラ仕事中おしゃべりに夢中になって、
定時すぎてもだらだら残ってサービス残業している他の方々の上司からの評価

「あいつはいつも遅くまで残って頑張っている」

こっちも仕事きっちり終わらして帰っているのに、
何かおかしくないか?


【コメント】

企業の中には、仕事量が人によって違うケースが多くあります。

会社の御曹司だから極端に仕事が少ない

仕事を任せられないから仕事量を減らしている

仕事ができるから仕事量を増やす

こういった仕事量の格差が、サービス残業につながっています。

また、上司が極端に仕事が少ないケースが目立ちます。

サービス残業はストレスとなり、やがて病気となります。

仕事量が本当に合っているのか?社内で再度検討してほしいものです。

その人にしか任せられない仕事であるならば、

残業代を渋らずにきちんと支払うべきです。


<埼玉県 男性 飲食業>

中規模チェーンの焼肉屋に勤務してます。

勤務時間は14時~24時で休憩2時間の実働8時間をうたってますが、
2時間も休憩は取れません。

しかも営業時間は17時~24時です。

24時閉店で勤務時間が24時ってありえません。

会社の上司は工夫すれば終わるって言うけど、
ほとんどの店長が不満に思ってます。

土日の忙しい日は休憩が取れないかもしれないので、
見なし残業手当として1万円くらい付くようにはなりましたが、
そんなのでは足りてません。

勤務時間に休憩を1時間で付けると、
何で時間じゃないんだと叱責されるしまつ。

お店は社員1名であとはアルバイト。

休みの日でも店に電話して営業状態を確認しろと強要されてます。

月に1度会議がありますが、
2時間で会議が終わりお店に戻る1時間は電車の中なので休憩時間扱いです。

やはり、組合や外部からの役員が早く入らないと会社の体質は変わらないんですか?


【コメント】

この方の怒りの声に、2点ほど共感できるポイントがありました。

一つは、「みなし残業」です。

これは、残業代を多く支払いたくないための、言い訳にしか聞こえません。

きちんと、時間ずつで区切って支払わなければ、労働者は納得できないことでしょう。当たり前だと思います。

もう一つは、「組合や外部からの役員」についてです。

労働組合がない企業ははっきりいってブラックです。

労働者の意見を受け入れることはゼロです。

また、同族企業や年功序列企業に多いのが、

「企業の体質を変えない」ことです。

要するに、ぬるま湯に浸かっていて危機感が全くない状態です。

こういった企業は外部から役員を雇うという考えはほぼありません。


世間では、サービス残業がよく話題になっていますが、

違法なのにも関わらず、摘発されるという話はほとんど耳にしません。

なぜでしょうか?

違法行為なのにつくづく疑問に思います。

今のところは社会的に制裁を下すしか方法しかありません。

残念なことではありますが・・・、

みんなが幸せな社会になるようブラック企業を撲滅するために、

今後も地道に努力していきたいと思います。

尚、当サイトでは皆さまよりブラック企業情報を募集しております。

詳しくは、ブラック企業情報募集 をご覧ください。

皆様からの情報提供をお待ちしております。