世にはびこるブラック企業は、今も無数に存在しています。

上場企業でもブラックはあり、中小企業でもホワイトはあります。

情報がないまっさらな状態では、

ホワイトとブラックを見分けるのはほぼ不可能に近いです。

しかし、ブラック企業への就業経験者の情報を蓄積することにより、

ホワイトとブラックを見分ける精度を高めることができます。

 

今回、投稿者様が実体験をもとにした、

ブラック企業の特徴をご教示くださいました。

さまざまな情報を蓄積することにより、

ブラック企業への就職・転職を未然に防ぐことができます。

体験者の情報は貴重なサンプルです。

今後の就職・転職活動に一役買うことができれば幸いです。

 

——————————————————————————–

企業の住所:東京都新宿区/匿名希望さんからの投稿

 

私は、新卒で入社した企業がとんでもなくブラック企業だったという体験があります。

今回はそんな私の体験談を元にし、どうすればブラック企業を見分けることができるのかをアドバイス致します。

私が新卒で入社した企業は、建設業界に特化した人材派遣会社でした。

営業職で成長したいという思いと、新卒を取ることが2年目だということ、企業のベンチャーらしい勢いに惹かれて面接を受け、内定をもらいました。

仕事内容は建設会社や工事現場へのテレアポや飛び込み営業で人材の状況や工事予定などを聞き出してマッチングしそうな人材を提案し、契約したら派遣社員を派遣しました。

入社して最初の頃は残業もあまりなく、怒鳴られることもありませんでした。

3ヶ月は上司がつきっきりで営業活動の面倒を見てくれると言っていたので安心していました。

しかし、

1ヶ月もすれば営業活動は一人で行かされて、そして残業もぐんと増えました。

毎日夕礼で怒られ、2、3時間は当たり前のように指導があり、毎日終電近くまで働かされました。

そして、

一番驚いたのが休日出勤なしと言われていたのに、普通に休日出勤があったことです。

そのことを上司に問うと、

「完全週休二日制ではない」 とそっけない回答がきました。

支店同士の数字の競争も激しく、上司同士のいがみ合いも多いからか、同期はどんどん辞め、私も半年で辞めてしまいました。

こんなブラック企業で半年働き、ブラック企業の特徴が幾つかわかりました。

まず、休日についてです。

上司の言う通り、企業の求人を見ると休日の箇所が「週休二日制」と記載がありました。

「完全」という文字を使わない、イコール休日出勤もあるかもしれません。

ブラック企業はこの手法を使用することが多いです。

そしてベンチャー企業であることです。

もちろんホワイトなベンチャー企業もあると思います。

しかしベンチャーというだけあってまだ発展途上の企業が多いのです。

なので無理な残業をさせられたり、人材の育成制度がしっかりしていない場合もあります。

私が働いたこの企業は、新卒の研修制度がまるでなっておらず、非常に苦しい思いもしました。

そして求人を探すのであれば、気になる企業のホームページを見ることも怠ってはいけません。

私は後から知ったのですが、この企業のホームページがとても陳腐であまり整備されていないようなものでした。

社長の顔は公開されていますが、企業の顔にもなるホームページに力を入れていない企業は、ブラック企業の可能性が非常に高くなります。

ブラック企業は世の中にたくさんあります。

しかし、ブラック企業の特徴を掴み、しっかりと見極めればブラック企業に入社して大変な思いをすることはなくなります。楽しく、やりがいを持った仕事ができるように企業選びは慎重に且つ丁寧にしましょう。

——————————————————————————–

 

 

投稿者様がおっしゃるとおり、ベンチャー企業は経営状態が危険な場合が多いです。

資金調達が上手くいかないことや、収入が少なく人件費に圧迫されて経営破綻するベンチャー企業は後を絶たないと聞きます。

ビジネスが上手く軌道にのっていないと、無理な労働を強いられます。

経済産業省のホームページに、ベンチャー企業の経営危機データベースがありますので、そちらもご参考にしてください。

参考:経済産業省HP    ベンチャー企業の経営危機データベース

 

ただしベンチャー企業には、

従業員が少なく、出世できる可能性が高い

というメリットがあります。

ブラックに染まりきっておらず、ビジネスの将来性が高いと判断できる場合は、ベンチャー企業も選択肢に入れるのはアリです。

そのためには、

経営状態(資本金、従業員数、売上高、平均年齢・年収、純利益など)

費用をかけているホームページであるかどうか、

インターネットのクチコミ情報

などブラック企業の特徴がないかをチェックしましょう。

 

尚、当サイトでは、ブラック企業に関する貴重な情報を募集しています。

詳しくは、ブラック企業情報募集 をご覧ください。

皆様からの情報提供をお待ちしております。